MENU

OneOdio Super EQ S1レビュー|ノイキャン&外部音取り込みモード搭載で迫力のある音を楽しめるコスパ抜群のワイヤレスヘッドホン

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ノイズキャンセル機能がついていて、迫力のある音が楽しめて、でも価格はちょっと抑えめで・・なんてワイヤレスヘッドホンをお探しの方も結構多いのでは?

今回レビューするのはアクティブノイズキャンセルや外部音取り込みモードなど優れた機能性を持ちつつも迫力のある音を楽しむことのできるコスパ抜群のヘッドホン「One Odio Super EQ S1」です。

機能性の良いヘッドホンが欲しいけど、高級ヘッドホンに手を出す勇気がないという方には非常におすすめのワイヤレスヘッドホンなので興味のある方はぜひ最後までお読みくださいね。

本記事はメーカーよりレビュー用のサンプル品の提供を頂いて作成しています。

目次

OneOdioってどんなメーカー?

まず初めにOneOdioというメーカーをあまり聞いたことがないという方もいるかと思いますので簡単にご紹介します。

OneOdioは2015年に中国にて設立されたヘッドホンやDJ機器を中心に製品展開をする国際的ブランド。

オーディオ機器の製造において10年以上の経験を持ち、既にアジア・北米・ヨーロッパなど30ヶ国でコスパに優れたヘッドホンをコンセプトに製品を展開しており、満を持して日本に参入した新進気鋭のメーカーです。

OneOdio「Super EQ S1」を写真でチェック

今回紹介するOneOdioのSuper EQ S1は低価格なのにもかかわらずANC(アクティブノイズキャンセル)や外部音取り込みモードなどハイエンドモデル顔負けの機能が搭載されたワイヤレスヘッドホン。

他にも最大45時間の長時間再生、40mmダイナミックドライバーによる迫力のある音質、やわらかい手触りの低反発ウレタン素材を使ったイヤーパッド、有線・無線を切り替え可能など非常に魅力的な機能が満載です。

付属品としては上記の写真通りで、ヘッドホン本体、充電用MicroUSBケーブル、有線接続用AUXケーブル、航空機用アダプター、キャリングポーチ、説明書等と充実したセットになっています。

重量は約282g。ワイヤレスヘッドホンとしてはそれほど重いというほどでもないですし、低反発ウレタンの柔らかなイヤーパッドも相まって長時間装着していても耳や首が疲れることもなさそうです。

基本的な外観はこんな感じなのですが、低価格帯のヘッドホンだということを忘れさせてくれるくらいに黒と赤の組み合わせがかっこいい。

ほかにも白×赤のバージョンがあるのですが、わたし的には黒×赤の方が断然好みのカラーですね。

頭に装着した時のイメージとしてはこんな感じ。一般的な頭の大きさであれば恐らく大きすぎるでもなく小さすぎるでもなく丁度良い感じの大きさになるのではないでしょうか。

もちろんスライダー式になっているのである程度の調整はできるのですが、男性でも女性でもどちらも装着することが出来るかと思います。

スライダーはこれだけ伸縮してくれるので、よほどのことがない限り頭の形や大きさでサイズが合わなかった!なんてことにはならないかと思います。

各種操作ボタンや充電端子などは右側のイヤーカップに集結されています。

操作ボタンはタッチパネルではなく物理ボタンになっているのでカチカチとしっかりとした操作感があって押し間違いの心配もあまりなさそうです。

タッチパネル式はぱっと見は最先端な感じでデザイン的にはかっこいいのですが、押し間違いがあったり反応が鈍かったりと意外とデメリットも多かったりするので個人的には物理ボタンの方が好みなんですよね。

充電は付属のMicroUSBケーブルを接続することで行うことが出来ます。試しにモバイルバッテリーで充電をしてみましたが普通に充電をすることが出来ました。

充電時間は約2時間。再生可能時間はANC+BT使用時で最大40時間、BTのみなら最大45時間、ANCのみなら最大50時間と長時間のスタミナ再生が可能なところも嬉しいポイント。

唯一惜しいなと思ったのは充電端子がMicroUSBだったこと。

ヘッドホン本体は上記写真のようにコンパクトに折り畳むことが出来るので、付属のキャリングポーチにしまえば屋外であろうが気軽に持ち出すことができます。

折り畳んだヘッドホンを入れてみましたが、特に大きくかさばるというわけでもありませんし持ち運びは楽々です。

OneOdio「Super EQ S1」を実際に使ってみて

ヘッドホンと言えば気になるのはやはりその音質でしょう。ここからは実際にSuper EQ S1を使ってみた感想を書いていきたいと思います。

今回Super EQ S1のテストに使用した機器はスマホ(Xperia 1)ウォークマン(NW-A100)タブレット(iPad Pro10.5)その他わたしが所有しているデバイスたちです。

まず初めに音質について感じたことは低音域から高音域まで非常にバランスの取れたサウンドで、聴きやすいなぁ・・と。

若干、低音域が強めなのですが、だからといって中音域や高音域がスカスカなのかといえばそういうわけではなくて、本当にバランスが丁度いいという感じで全くクセのある感じの音質ではないですね。

正直に言えば「これが本当に5,000円台で購入できるワイヤレスヘッドホンの音質なの?」とため息が漏れそうになったというのがわたしのファーストインプレッションでした。

確かに2~3万円もするようないわゆる高級ヘッドホンと比べればもう少しパンチが欲しいなぁ・・とかもう少し解像度が欲しいかなぁ・・と思うところはありますが5,000円台ですからねコレ。

逆に言えば高級ヘッドホンを使ったことのない人であれば間違いなく満足できるレベルの音質だと思います。

しかもこれ、AUXを使った有線接続時であればHiFi音質(ハイレゾ)で楽しめるので、ウォークマンではずっと有線接続で聴いてたんですけど、普通に良い音だなぁ・・以外の言葉が出てこないです(笑)

そしてANC(アクティブノイズキャンセル)の効き具合も程よい感じでわたしの好み的にもいい感じ。

ANCの効きは強ければ強いほどいいとはわたしは思っていなくて、ANCの効きが強すぎると音のバランスが崩れることがありますし、耳への圧迫感も強くなってきて結構疲れちゃうんですよね。

なので、Super EQ S1の強すぎるでもなく弱すぎるほどでもない丁度いい感じのANCの効きは個人的には大満足なレベルです。

最後に1点だけ気になったことを上げるとすれば充電端子がMicroUSBだったということ。

最近のデバイスはどうしてもUSB-Cの普及が進んでいるので、充電ケーブルをUSB-Cに一本化できると非常に助かりますからね。

とはいえ、充電端子がMicroUSBということだけでSuper EQ S1の魅力が下がるわけではありませんし、むしろこの低価格帯のワイヤレスヘッドホンでこれだけの機能と音質を備えているのは非常に魅力的だと思います。

予算はあまりないけれどノイキャン搭載のワイヤレスヘッドホンが欲しい!コスパの良いワイヤレスヘッドホンが欲しい!という方にはおすすめなので興味のある方はぜひ検討してみてくださいね!

お得なクーポン情報

クーポンコード:RI83HPPG

割引価格   :15%オフ

有効期限   :なくなり次第終了

なお、Amazonにてクーポンコード「RI83HPPG」を入力していただくと当サイトの読者様限定で「OneOdio Super EQ S1」をお得に購入することが可能なのでぜひご活用くださいね!

クーポンコードはなくなり次第終了となりますので気になった方はお早めにどうぞ!

あわせて読みたい
OneOdio SuperEQ S2レビュー|ポップで可愛い見た目からは想像もつかないパワフルなサウンドが魅力的な... ワイヤレスヘッドホンと言えば音質が大切・・なのは言うまでもありませんが、外観的なデザインが重要だという人も少なくないのではないでしょうか? 今回レビューする「...
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる