MENU

OneOdio SuperEQ S2レビュー|ポップで可愛い見た目からは想像もつかないパワフルなサウンドが魅力的なノイキャン搭載のワイヤレスヘッドホン

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ワイヤレスヘッドホンと言えば音質が大切・・なのは言うまでもありませんが、外観的なデザインが重要だという人も少なくないのではないでしょうか?

今回レビューする「OnOdio SuperEQ S2」はポップな外観でとても可愛らしいデザインなのにも関わらず、アクティブノイズキャンセル機能を搭載しておりAACにも対応と音質的な満足感も味わえるコスパ抜群のワイヤレスヘッドホンです。

音質の良いワイヤレスヘッドホンは欲しいけど、自分の好みに合ったデザインのワイヤレスヘッドホンが欲しい!という方におすすめなので興味のある方はぜひ最後までお読みくださいね。

本記事はメーカーよりレビュー用のサンプル品の提供を頂いて作成しています。

目次

OneOdioってどんなメーカー?

まず初めにOneOdioというメーカーをあまり聞いたことがないという方もいるかと思いますので簡単にご紹介します。

OneOdioは2015年に中国にて設立されたヘッドホンやDJ機器を中心に製品展開をする国際的ブランド。

オーディオ機器の製造において10年以上の経験を持ち、既にアジア・北米・ヨーロッパなど30ヶ国でコスパに優れたヘッドホンをコンセプトに製品を展開しており、満を持して日本に参入した新進気鋭のメーカーです。

OneOdio「Super EQ S2」を写真でチェック

今回紹介する「OneOdio SuperEQ S2」はポップで可愛らしいデザインとは裏腹にアクティブノイズキャンセル機能やAACコーデックに対応、HiFi対応(有線時)と音質面でも十分満足のできるワイヤレスヘッドホン。

他にも内蔵マイク搭載でハンズフリー通話に対応していたり、90度回転できるスイベル機構を採用したハウジング、スムーズな長さ調節を可能にしたヘッドバンドなど扱いやすい非常に魅力的な構造もポイントです。

付属品としては上記の写真通りで、ヘッドホン本体、充電用USB-Cケーブル、有線接続用AUXケーブル、航空機用アダプター、キャリングポーチ、説明書等と充実したセットになっています。

重量は約211gとワイヤレスヘッドホンとしては非常に軽量で、低反発プロテイン生地の柔らかなイヤーパッドの効果もあってか長時間装着していても快適に音楽を楽しむことが出来るようになっています。

基本的な外観は上記の写真のとおりなのですが、目を引くのは何といってもそのポップなデザインとカラーでしょう。

カラー展開は全3色で、シンプルなブラック、オレンジ×グリーン、ブラック×グリーンとなっています。

頭に装着した時のイメージとしてはこんな感じ。デザインからしてメインのターゲットが女性なのかもしれないですが、若干小さ目なサイズ感のように感じられました。

金属製のヘッドバンドの部分が伸縮可能なので長さの調整ができるようになってはいるのですが、一般的な大人の男性の方で頭のサイズが大きめだという方にはそれでもちょっときついかもしれません。

わたし的には結構いい感じのサイズ感でしたので、女性であればそれほど悩む心配はないかもしれません。

各種操作ボタンはタッチパネル式ではなく物理ボタン式となっており、右側のイヤーカップ外側に配置されています。

物理ボタン式になっているのでカチカチとしたしっかりとした操作感があって押し間違いの心配がないというのが嬉しいポイントです。

また、イヤーカップ右側にはAUXケーブルを接続するための3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

AUXケーブルを使った有線接続時にはHiFi(ハイレゾ)音質に対応しているので、普段は便利なワイヤレスで使用して音質にこだわりたいときには有線接続で・・と自由に切り替えることも可能です。

そしてイヤーカップ左側には付属の充電ケーブルで充電をするための充電端子(USB-Cポート)が搭載されています。

充電時間は約2.5時間。一般的な充電器はもちろんモバイルバッテリーでも気軽に充電を行うことが出来ます。

ヘッドホン本体は上記写真のようにコンパクトに折り畳むことが出来るので、付属のキャリングポーチにしまえば屋外であろうが気軽に持ち出すことができます。

厚みがあって装着感抜群のイヤーパッドは柔らかな低反発のプロテイン生地が採用されているので、長時間の装着でも頭や耳が疲れてしまうというような心配がありません。

OneOdio「Super EQ S2」を実際に使ってみて

さて、ワイヤレスヘッドホンと言えば気になるのはやはりその音質ではないでしょうか?ここからは実際にSuper EQ S2を実際に使ってみたリアルな感想をレポしていきたいと思います。

今回Super EQ S2のテストに使用した機器はスマホ(Xperia 1)ウォークマン(NW-A100)タブレット(iPad Pro10.5)その他わたしが所有しているデバイスたちです。

まず初めに正直なことを言うと、とても可愛らしいデザインだったのでSuper EQ S2の売りは音質ではなくその特徴的なデザインだと勝手に思い込んでいたのですが、まったくもってそんなことはありませんでした。

そのポップで可愛らしい外観からは想像ができないくらい力強いサウンドで、低音域から高音域まで非常にバランスの取れたクセのない音質です。

Super EQ S1のレポ時にも思いましたが、「これが本当にこの価格帯で購入できるワイヤレスヘッドホンの音質なの?」と思ったのがわたしのファーストインプレッションでした。(もちろんいい意味です)

2~3万円もするようないわゆる高級ヘッドホンを使ったことがない人であれば間違いなく満足できるレベルの音質だと思います。

さすがに高級ヘッドホンと比較すれば低音のパンチだとか中~高音域における解像度など確かに物足りないところはありますが、価格の差を考えればまったくもって問題にならないレベルかなと。

そしてANC(アクティブノイズキャンセル)の効き具合も強すぎることもなく程よい感じで、耳への圧迫感も少なくてこれもまたちょうどいい感じの調整具合だなぁ・・と。

以前にも書きましたが、ANCの効きは強ければ強いほどいいとはわたしは思っていなくて、ANCの効きが強すぎると音のバランスが崩れることがありますし、耳への圧迫感も強くなってきて結構疲れちゃうんですよね。

そして音質とは関係のないことですが、充電端子がUSB-Cポートになっているということが非常に魅力的。

スマホはもちろん最近のガジェットはUSB-Cが採用されているものが増えてきているので、充電ケーブルをUSB-Cで1本化できるというのは複数のガジェットを持ち歩く人にとっては本当にありがたい話ですよね。

この価格帯のワイヤレスヘッドホンでこれだけの機能と音質を兼ね備えていて、なおかつポップで可愛らしいデザインも魅力的。

予算はあまりないけれどノイキャン搭載のワイヤレスヘッドホンが欲しい!デザインが良くてコスパに優れたワイヤレスヘッドホンが欲しい!という方にはおすすめなので興味のある方はぜひ検討してみてくださいね!

お得なクーポン情報

クーポンコード:SKM8Z5E2

割引価格   :10%オフ

有効期限   :なくなり次第終了

なお、Amazonにてクーポンコード「SKM8Z5E2」を入力していただくと当サイトの読者様限定で「OneOdio Super EQ S2」をお得に購入することが可能なのでぜひご活用くださいね!

クーポンコードはなくなり次第終了となりますので気になった方はお早めにどうぞ!

あわせて読みたい
OneOdio Super EQ S1レビュー|ノイキャン&外部音取り込みモード搭載で迫力のある音を楽しめるコスパ... ノイズキャンセル機能がついていて、迫力のある音が楽しめて、でも価格はちょっと抑えめで・・なんてワイヤレスヘッドホンをお探しの方も結構多いのでは? 今回レビュー...
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる