MENU

20,000mAhの超大容量バッテリー「PowerPie」レビュー|最大55W出力でPD / PPSに対応した超高速充電対応モデル!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

モバイルバッテリーと言えば、もはや現代社会には欠かすことのできないアイテムになりました。

だって何をするのにもバッテリーが必要ですからね。スマホにタブレット、ノートパソコンやデジタルカメラなどバッテリーの充電が必要なデバイスを5つ以上持ち歩いているという人も少なくないかと思います。

そんなときに役に立つのが大容量タイプのモバイルバッテリーなわけですが、大容量タイプのモバイルバッテリーって携帯性が悪かったり充電に時間がかかったりとちょっと扱いづらいものが多かったんですよね。

ですが、今回紹介する超大容量なモバイルバッテリー「PowerPie」は今までのモバイルバッテリーとは一味も二味も違います。

このページでは超大容量で、超高速充電対応で、スマホにゲーム機にノートPCにと様々なデバイスをパワフルに充電することのできるモバイルバッテリー「Power Pie」を紹介するので最後まで読んでみてくださいね。

目次

超大容量モバイルバッテリー「PowerPie」

PowerPieは縦155mm、横70.2mm、幅24.6mmとiPhone Xとほぼ同じサイズながら容量は20,000mAhという超大容量なモバイルバッテリーです。

また、大容量なだけではなくUSB PD/PPS45Wに対応しているため、iPhoneシリーズやGalaxyシリーズなどの急速充電に対応した最新のデバイスを超高速でパワフルに充電することもできちゃうんです。

実際に手に持ってみたサイズ感はこんな感じ。本当に20,000mAhもの容量があるのか疑いたくなるくらいコンパクトで、スマホを持っているのと同じような感覚で気軽に持ち歩くことができます。

今まで大容量タイプのモバイルバッテリーというと、どうしても大きくて重くて嵩張ってしまう傾向にあったのでこのサイズ感は非常に魅力的。

重さも量ってみました。実測の重量は403gとこちらはさすがにスマホと同程度とはいきませんが、500mlのペットボトルと比較したら十分軽いですし、バッグに入れておいてもそこまで気にならないかなと。

インターフェースは写真の通りで、左からLEDインジケーター、USB-Cポート、USB-Aポートとシンプルでわかりやすい構成となっています。

中央にあるUSB-Cポートではインプット、アウトプット(入出力)ともに最大で45W、USB-Aポートでは最大18Wに対応しており、最大で55W(USB-C:45W、USB-A:10W)と非常にパワフルな仕様です。

また、出力だけでなく入力も45Wに対応しているというのがこの製品の魅力で、45Wに対応した充電アダプターを使えばたったの2.5時間で「PowerPie」を満充電にすることができてしまうのです・・!

20,000mAhもの大容量にもなると、一般的な10W程度の充電器だと満充電に8~10時間程度かかるので、約4倍近い速度で高速充電ができるというわけですね。

というわけで、実際に「PowerPie」を使って充電状況のチェックをしてみましょう。

まずはスマホ(Xperia 1)を充電してみましたが、8.83V×1.74A=15.3WとXperia 1の上限に近い数値で急速充電できていることが確認できました。

次はSurface Goを充電してみました。結果は20.0V×1.98A=39.8WとSurface Goのバッテリー残量を考えたらこちらも純正45Wに限りなく近い数値で充電することが出来ています。

そして最後に「Power Pie」本体を充電してみましたが、こちらも20.3V×2.16A=44Wとほぼスペック通りの数値で高速充電することができています。

ただ、「Power Pie」の真骨頂である2.5時間の高速充電を実現させるためには45Wで給電することのできる充電アダプターが必要になります。

高出力の充電アダプターを持っていないという人がいたら、今回のテストでも使っている「C-Rock」は最大で60W出力にも対応しているパワフルな充電器なのでおすすめですよ。

あわせて読みたい
最大出力60Wのハイパワー充電器「C-Rock」レビュー|MacBook ProやNintendoSwitchも充電できる! 先日「最大45W出力のモバイルバッテリー「ApolloTraveller」レビュー|わずか18分で満充電、1000回もの繰り返し充電が可能とコスパ抜群!」でも紹介したハイパワーな充...

持ち運びのしやすい大容量モバイルバッテリーを探している人におすすめ

さて、ここまで「PowerPie」という、とにかく大容量でハイパワーなモバイルバッテリーのレビューをしてきました。

改めて「Power Pie」の特徴をまとめると

  • 最大55Wの出力で様々なデバイスをパワフルに充電することが出来る
  • 最大45Wの入力でわずか2.5時間でPower Pie本体を充電することが出来る
  • 20,000mAhという容量の割にコンパクトなサイズ感で持ち運びしやすい
  • 20,000mAhもの超大容量なので複数回の充電を繰り返すことが出来る

といった大容量タイプのモバイルバッテリーとしては文句のつけようがないくらいのスペックで、まさに理想的なモバイルバッテリーと言っても過言はないのではないでしょうか。

最近では持ち運ぶデバイスが増加した結果、モバイルバッテリーが必要となる機会がグッと増えたと思いますし、モバイルバッテリーといえばもはや必須といってもいいアイテムなのかなと個人的には思っています。

今回レビューした「Power Pie」は非常に魅力的な製品だと思うので、これからモバイルバッテリーを購入しようと思っている方はぜひ検討してみてはいかがでしょう?

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる